2017年05月10日

参加賞作り

趣味の世界で始まったマラソン大会の参加賞作りをしました。
83個の製作をさせていただき、大会の日までキチンと作り上げなくてはいけなくて
ちょっと緊張しました。

最初は簡単に考えていたのだけど、いざ作り始めると
結構しんどい。この大会は、自分たちがみんなとの絆を意識して
作り上げてきた大会。
「絆」を意識したものを渡したいと。。。

そうだ。この参加賞が「つながる」というのはどうだろう?
思いついたというか思いついてしまった「ジグソーパズル」

IMG_2515-w600.jpg
せっせと糸鋸盤で切り出して行く。今回から組み木工房さんの
海外製の糸鋸歯を使ってみたが、やはりキチンと切れるのと
バタ付きが少ないことで、安定した切り出しができた。

仕上げはオスモクリアーで。

出来上がったのは「カッティングボード」
使用方法はカッティングボードでも、マウスパッドでも写真を飾る台座でも
お任せ致したいところです。オスモの防水が効いて、そして手触りもしっとりして
質感が上がります。塗っていないようで塗ってあるという感覚がとてもすき。

ニスやペイントのような「塗りましたよ」というタッチが
ないのがうれしい。

IMG_2520-w600.jpg
83枚も乾燥となると場所がない
階段を使って。。。


大会ではとても好評で、ご夫婦やお友達同士でつながる部分をセット持って行ってくれて
楽しんでくれました。全てがつながったときは、私も舞い上がってしまいました(笑)

IMG_2525-w600.jpg
ウッドバーニングで簡単な文字を入れてみた。それが又味を出してくれて
良かった。

IMG_2532-w600.jpg
材料費はあまりかからずに、なんだか温かいものを差し上げることができた気がしてうれしくなった。
ますます、木の魅力に惹かれる。


tanisancamp.gif
Tanisanのホームページへ

ブログランキングに参加してます。クリックをお願い致します。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村

2017年04月15日

娘のローテーブル完成

製作過程を載せたかったが、娘は小さいときから自分の家具ができてくるのを
心待ちにしながらも、それを見たがらない。
サプライズがうれしいようで、そうなると、ブログにもアップできないなと
やっと設置が終わったので、載せてみました。

娘の希望は
1)引き出しをひとつにて、片方はサッと雑誌を入れれるようにして欲しい
2)天板にタイルを埋め込んで欲しい。
3)天板の模様がランダムだとウレしい

なかなか沢山の要望があって、どうしようかと思い悩んだけど
何とか要望は全部入れることができた。ほっ。


DSCN8182-w600.jpg

DSCN8204-w600.jpg
まずは天板

15ミリのMDFにタイルを埋め込み分のトリマーで彫り込みを作っていったが
何とも粉塵がすごくて大変だった
そして杉板を5ミリ厚にして、ランダムに貼っていく。この板は亡くなった父が
何かに使いなさいと取っておいてくれたものだった。これがこんなところで役に立つなんて思ってもいなかった。杉の木目が栄えるだろうと期待!


DSCN8268-w600.jpg
本体の組み立てを終えて、オスモでオイルフィニッシュ
ヤッパリ最高です。この塗料。ニスだのペイントなど使ってらんない。

IMG_2478-w600.jpg

出来上がって、娘のアパートに持って行きました
すごく喜んでくれて、いやぁ〜〜ウレしかったですね。
娘のアパートでもだんだん増えていく、Tanisanの手作り家具。
後ろに見えるテレビ台も健在でありがたや♪

IMG_2481-w600.jpg
今回もSeriaの部材に助けられて、引き出しもかわいくなりました。

思いの外かかったテーブル作り。疲れました。

tanisancamp.gif
Tanisanのホームページへ

ブログランキングに参加してます。クリックをお願い致します。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村
posted by Tanisan at 00:21| Comment(2) | 木工のこと

2017年03月14日

今日の危ね〜〜

娘のローテーブルの製作も順調に進んでとても気持ちの良いところ。
あと数日で完成まで持って行けそうだ
今日は天板加工をしたのだが、久しぶりに怖い思いをした。

もう今日は作業をやめようかなと思っていたところで
用事までの時間が迫り、少し焦ってきたところだった。今までの経験から
「焦ってきたら、やめどき」と決めている私。いつもあと一回とか、もうちょっとだけと引っ張ってしまったときにけがをする。電動工具でのけがではないことがほとんどだが
つまずいたり、転んだり、どこかに引っかけたり、とげが刺さったり、目にゴミが入ったりと
あまり良い経験がない。今日もやめておけばよかった。

最後にやった「目地払い」。下に作業台が入り込んでしまっていることに気がつかなかった。切削をする前に確認すればわかったことなのに。
途中で抵抗がかかった。きっと切削量が多いので抵抗がかかってるんだと思い込み、さらに作業を進めると、「ガン」という衝撃とともにトリマーがキックバック。戻ってきた。
焦って手を離したら、床にトリマーが転げ落ち、回り続けている。

DSCN8196-w600.jpg
作業台を切り込んでいたようだ。。。使っていたビットはトップベアリングビットだから
下に向き出た刃先は、切るものがあれば遠慮無く切り込みが始まる。目地払いにも有効だが、このような作業はやはり、目地払いビット良いのかも知れない。まあ、どんなビットを使おうが、確認の甘さが今回の原因だが・・・。
500Wのモーターから来る反動は強くて、もう少しで私もけがをするところだった。

幸い作品にも大きな傷を作ることもなく、けがもなくよかった。

本当に気をつけたいところですね♪

「焦ってきたら、やめどき」。ヤッパリ私には言えてる。

tanisancamp.gif
Tanisanのホームページへ

ブログランキングに参加してます。クリックをお願い致します。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村
posted by Tanisan at 22:43| Comment(2) | 木工のこと

2017年02月20日

地道な作業が続く

娘のローテープルの作業を進めていく
構造的は簡単だけど、この地道な作業はいつも
避けては通れない。ここで手を抜くと後々に響き
結果的にこれを修正したり、場合によってはごまかしたりで(笑)
不満足なものが出来上がってしまう

DSCN8151-w600.jpg
まずは板厚の調整。今回も基本の厚さを17ミリに設定してつくって行く。
1800ミリのSPFを6枚削ってみたところだが、相変わらずすごいゴミ
それでも今回は余っていたイレクターと2×6材を使って簡単な補助ローラーならぬ
補助支えを作った。こんなもんでもあると無いとでは大違いで
あっという間にカンナかけが終わった。最初から作ればよかったと今更ながら
思う(笑)

DSCN8152-w600.jpg
次は手押しでカネダシ。この作業もこのところ見直して
やってみている。やってみたら、はぎの時に完成度が違うことを感じてしまったので
これをやらずにはヤッパリはぎの作業にはいけないと思う今日この頃。

DSCN8153-w600.jpg
さてさて、最後はビスケットを入れ込んで、はぎの作業
今回は6枚もの。
組み立てまでにはまだまだだ^^;


tanisancamp.gif
Tanisanのホームページへ

ブログランキングに参加してます。クリックをお願い致します。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村
posted by Tanisan at 01:09| Comment(0) | 木工のこと

2017年01月31日

娘のローテーブル

札幌市に住む娘から家具のオーダーがありました。
第4弾になります。
今回はローテーブルを作ってほしいと♪
片方は引き出しにしてほしいとのことで

DSCN8139-w600.jpg
まずはいつもの「花子」で図面を仕上げていきます
元々ドロー系のソフトなので、いろいろなことができて簡単で
私にはすごく合ってる。

完成も急ぎたいところです。明日から作成に入ります♪


tanisancamp.gif
Tanisanのホームページへ

ブログランキングに参加してます。クリックをお願い致します。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村
posted by Tanisan at 23:30| Comment(0) | 木工のこと

2017年01月30日

オスモの小出し

オスモのノーマルクリアーがなくなったので、いつもの
ツールズGRさんに注文した。
0.375Lにしようかと思ったけど、多い方のお得感につられて
0.75Lにした。
オスモは本当に塗料が食わないから、個人ユースだとなかなか無くならない。
使用期限もあるようだけど、食べるもんではないから、あまり気にせず使ってるけど
今までの使い方だと、ちょっとダメっぽい。
それでなんかいいもんないかと、100円ショップへ。

ウエスで塗っていくオスモで、直接「ちょんと」ウエスにつけて、余った塗料は
ちょっとだけ間の縁でしごいたりしていたんだけど
缶が汚れていく。

DSCN8129-w600.jpg
「そうだ小出しにして、専用のものを用意しよう」と思いつき、買ってきました。
これです。
たこ焼きレードルと計量カップ。計量カップはオスモ塗装専用カップにします。
たこ焼きレードルで缶からくみ出して、計量カップに入れて塗装をする。
余った塗料はまた缶に綺麗に戻す。缶の縁で塗料をしごかない。
これだけもこのような汚い缶にはならなんでしょう

DSCN8130-w600.jpg
このレードル一杯でどれだけ塗れるかこと知れず。

DSCN8132-w600.jpg
ちょっとだけ先が長いので、金切り鋸で切って短くしました。
良い感じです♪

tanisancamp.gif
Tanisanのホームページへ

ブログランキングに参加してます。クリックをお願い致します。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村
posted by Tanisan at 17:39| Comment(0) | 木工のこと

2017年01月18日

このカッター!

カッターなんて、100円ショップのもので十分と思っていたけど
機会が合って、アマゾンさんのレビュー見たら
違いを感じている人が沢山いた。

確かに100ショップのものではどうもしっくりこなくて
値段にあまり差は無いけど、家にある数種類の中で
tajimaさんのを好んで使っていたのは事実。

DSCN8110-w600.jpg
それならばと、買ってみました

NT 軽作業用カッター A−300GRP

新品価格
¥156から
(2017/1/18 12:54時点)




使ってみたら、確かに違う。
持ったときのしっくり感とか、安定感というか、いいな〜〜。
アルミダイキャストで格好も良い。

昔から有るやつで、定番中の定番なのかもしれないけど、お気に入りのカッターになりそうだ

思い切って4本も買ってしまった。あちこち、カッターをこれに変えていこうと思う。


tanisancamp.gif
Tanisanのホームページへ

ブログランキングに参加してます。クリックをお願い致します。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村
posted by Tanisan at 13:09| Comment(0) | 木工のこと

2017年01月05日

妻へのプレゼント

もう年が明けてしまったので、去年のクリスマスですが
奥さんに手作り家具をプレゼントしました。
家の中の収納家具です。

1DSCN7995-w600.jpg

2DSCN7982-w600.jpg
食器棚の空いたスペースを埋めるための引き出し2段を作成しました。
あんまり時間もかからずにいけると思ってましたが、そうも行かず
思いの外、道具も時間もかかってしまったような気がします。

DSCN7945-w600.jpg
本体が出来上がり、ヤッパリ悩んでしまうのが
取っ手の部分。
これで引き出しのデザインが決まってしまうと思います。
位置、大きさ、素材、色、形とそれによってずいぶんと印象も変わってしまい
失敗すると、「塗らなきゃよかったペンキ」くらいのショッキングなものとなります。
在庫のものでいろいろと考えるんだけど、決まらない。
前板式の引き出しではないので、引き出し本体に加工をしなくてはならず
込み入ったルーターワークはできない。

DSCN7976-w600.jpg
結局、糸鋸細工。ナラ材の端材で、奥さんのイニシャル「M」をモチーフ。
我ながら良い作品ができました。

DSCN7947-w600.jpg
それと私お得意の丸棒のフェンスをつけて、我が家の手作り家具として
そろえてみました。

引き出しの大きさは入れるものが大きいので、ちょっと高さがある2段。
引き出し自体のデザインを見たら3段がいいね、と思う。
それにしてもまずは満足。
塗装はオスモクリアーでナチュラルな仕上げにしてます

tanisancamp.gif
Tanisanのホームページへ

ブログランキングに参加してます。クリックをお願い致します。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村
posted by Tanisan at 18:46| Comment(2) | 木工のこと